So-net無料ブログ作成
検索選択

【ギリヴ】梅の実が豊作だったので [/personify(擬人化)]

絵は、日テレさんの「ゆっくり私時間」より
毎週楽しみにしてます(*´▽`*)

グリーネが梅シロップを作るお話。


* 梅シロップ作り *

梅シロップ.jpg


 ぱきゅ!

 青々とした梅の実がわれるたび、あたりにみずみずしい香りが広がる。

 この時期恒例、グリーネの梅シロップ作り。

 木製の梅割り機が梃子の原理で次々梅を割っていくのを、ブラウニーは不思議そうに眺めている。


「これどうしたのー?」

「この前ラジオでやってて。余った木材で作ってみたんだー。
今年も豊作だったし、フォークじゃ間に合わないから」

「便利だねぇ」

「でしょでしょ! 見様見真似にしては上出来。はい、あーん」

「あーん!」


 大きく開いたブラウニーの口に氷砂糖をひと粒。


「おいひー」

「なんと、今年の梅シロップは氷砂糖と黒糖と蜂蜜の3種類です!」

「ふごーい!!」

「何がすごいの?」


 昼食の仕込みを終えたエプロン姿のルーベルがやってきた。


「梅ヒロップ3種類らって!」

「ほんと?!私も手伝う!」

「ありがとう。梅雨があけたら完成だよー」

「おまえら揃って何騒いでんだ」

「あ、シアくんおはえりー」

「おう。ラウ、口から何か出るぞ」


 モンスター退治から帰ってきたシアンが、ひょいっと氷砂糖をつまみ食い。


「これ全部割んの?」


 山積みの青梅。


「そだよ」

「シアも手伝いなさいよ」

「昼飯は?」

「これが終わったら!」

「うー・・・・・・」

「ルーこれ使って。僕は麺棒でたたくから」

「梅割り機、グリーネの手作りなんだよ!」

「これ楽でいいわね!」

「でしょー!」

「効率わるいけどな」


 パキュ! パキュ!


 シアンが次々と梅を割っていく。

 素手で


「ちょっ 素手とか野蛮!!」

「きゃー!シーヤこわーい!」

「うるせぇ手伝わねえぞ」


 部屋は甘酸っぱい香りでいっぱい。

 これから来る長雨の向こうには、もう夏が待っている。

                                           (2015*06*22)


nice!(21)  コメント(0) 

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。