So-net無料ブログ作成
検索選択

【ギリヴ】 見間違うはずないじゃないか ずっと君を探してた [/personify(擬人化)]

*

 こんにちは。湿気のお蔭様で髪の毛が短くなっているフラムです。もうどうしようもない……。

 最近ついったーでぶつぶつうちの子についてつぶやいているのですが、
大好きの気持ちと執念により、依然大変お世話になったある方との数年ぶりに再会を果たすことができました。


 ちょっと泣いた。


 お子様お借りする許可を幸運にも頂きましたので、絵とちょっとしたお話をひとつ。



  敷地外れの植物園に住む、すばるさんちのヴィクトリカくんとのはなし。

*********************************************


* 植物園の君 *


現在行われているLivlyガーデニングチャレンジは、プロからアマまで全国各地からガーデナーや庭師が一堂に会する一大イベント。

GLL専属庭師による特別講義や剪定などの実演。稀少植物の展示、種や球根・苗の即売会。プロ御用達の道具が手に入れることができ、愛用品の手入れを職人に依頼することもできる。

園芸を行わない者でも、ハーブや野菜をたっぷり使った料理や生け花・ボタニカルアートの展示会を楽しむことができる。

 一流の庭師を目指すグリーネも例外ではなく、ブラウニーと一緒にわざわざホテルワイズウッドに宿をとり、このお祭りを楽しんでいた。


 今日のグリーネはバラの展示即売スペースでうろうろしていた。


「いい香りだね!」


 ブラウニーは風に乗ってやってくるバラの香りにうっとりしている。


「香りってちょっとずつ違うんだね!甘いっぽいのとかさわやかっぽいのとか。
形もちょっと違う」

「そうそう!真ん中がつんとしてるあっちはハイブリッド・ティー。カップみたいなあれはオールドローズの仲間かな。
香りが有名なのだとダマスクとか」


 グリーネは目をきらきらさせながら説明をしている。ブラウニーもグリーネの話を熱心に聴いている。


「へぇぇえええ!!
そう言えばグリーネ、なんか探してるの?」

「オールドローズじゃないけど、ヘリテージが欲しいんだよね。どっかにないかなぁ・・・・・・」

「どんなの?」

「淡いピンクでまるっこいカップ咲き。トゲは少なめで、甘いっていうよりフルーツっぽい香りで・・・・・・あ!」


 人ごみの少し先、イングリッシュローズ専門家のスペースにカップ咲きのピンクのバラ。


「あったー?」

「たぶん!あーでも先客が・・・・・・

                      あれ?」
 

 小さく屈んでバラの苗をみていたお客が立ち上がった。


 グリーネは動けない。


 透けてしまいそうな白い肌

 清水のようにさらさらと流れる銀色の髪

 ローズヒップティーと同じ色をしたひとみ


(まさか まさか まさか)


「グリーネ?どうしたの?」

「ラウごめんちょっとしっかりつかまってて」


 グリーネはどんどんスピードを上げて人ごみを縫うように進む。


「トーリ!!!」

「え?」


 大きな声で呼ぶのが早いかグリーネは銀髪の少年をがっしりと抱き上げた。

 突然抱き締められたものだから、少年は声もでない。

 通行人は何事かと目を丸くしている。


「会いたかったぁー!!」

 「あ、あのっちょっ、ちょっと待ってっ」

「あぁ、ごめん!!」


 目の前をいっぱいいにしていた緑色のシャツが離れる。

 見上げれば、金茶色の癖っ毛に若葉色の目を潤ませた懐かしい顔。


「ええっぇ グ・・・グリーネ?!」

「久しぶりだね、トーリ。元気だった?」


 グリーネはちょっと涙声。


 少年はラヴォクスのヴィクトリカ。
 植物園に住むグリーネのガーデナー仲間だ。


「島に遊びに行けないし、サーチしても全然見つからないからどうしたのかと・・・・・・!!」


 ぎゅぎゅーと再度抱きしめる。


「し・・・島の近くでチョッキリが大発生して、ロサに研究中の虫除け効果のある術をかけて貰ったんだ」

「僕悪い虫?!」

「いやちょっと効き過ぎちゃってたみたいで・・・・・・それより、グリーネっくるしっ」

「締まってる浮いてる」


 ベルトにしがみついていたブラウニーが、肩によじ登りヴィクトリカを覗き込んだ。


「あれー、男の子?」

美人さんでしょ!彼はヴィクトリカくん。ガーデナー仲間だよ!
トーリ、こっちはブラウニー。僕のパートナーだよ!」

「初めまして!」

「は、初めまして。あのグリーネつもる話もあるし、場所変えない?」


 パキケとピキのお姉さんが「かわいー!」とくすくす笑っている。

 大声で名前を呼ばれた上にずっと抱き締められているものだから2人はすっかり注目の的。ヴィクトリカは真っ赤だ。


「そうだね!あ、おじさんヘリテージ下さい!

トーリ好きでしょ?プレゼント!」

「えぇ?!」


 グリーネは友達のことが大好きなようです。

IMG_eyr72r.jpg


**********************************************

 「ヴィクトリカくんは美人美人美人……」っと念じながら絵を描きましたとも。

 美しい銀色の髪が表現できなくてごめんなさい。


 何してもいいってんで、グリーネが勝手にあだ名を付けました。トーリ!

    
  
すばるさん、ありがとうございます!!!!末永くよろしくお願いいたします!!!!!!!

【余談】


 すばるさんと再会を果たした日のログインのグリーネ↓

Screenmemo_2015-06-21-21-46-55 - コピー.png

私もー!!


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。